購読中です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ActionScript3.0ライブラリ入門


株式会社翔泳社:SEShop.com; ActionScript3.0ライブラリ入門


7/15 に発売される「ActionScript3.0ライブラリ入門」にて共著で執筆させていただきました.「豪華執筆陣!」と銘打つ中において,お前誰やねん?ランキング独走態勢な雰囲気ではありますが,一応「2章5節:サウンド系ライブラリ」を担当しております.共著の方々のリンクを張っておきます.
新藤さん;BeInteractive! [「ActionScript3.0ライブラリ入門」予約開始!]
加茂さん;xingxx - ActionScript3.0ライブラリ入門
高輪さん;ActionScript3.0 ライブラリ入門 [NUTSU]
森山さん;【Flash】「ActionScript3.0 ライブラリ入門」予約開始しました!!!|atsumo+Flash
小林さん;「ActionScript3.0 ライブラリ入門」で記事を書きましたよ (Unknown Quality)
河村さん;flabaka - 『ActionScript3.0 ライブラリ入門』が発売されます!
池田さん;「ActionScript 3.0 ライブラリ入門」の執筆に参加しました | ClockMaker Blog
浦野さん;【Tweener】ActionScript 3.0 ライブラリ入門【Papervision3D】
タロタローグさん;今月の本
こんな執筆陣の書籍に携わる機会を与えていただいて,本当にありがたいことです.


というわけで,手元にはすでに本がありまして,一足先に目を通させていただきました.
さまざまなジャンルの 19個もの ActionScript ライブラリ について 360ページに渡って網羅的に書いてあるというのは,唯一無二でしょう.一方で,各ライブラリについては限られたページ数での解説となっています.このため,すでに習熟したライブラリに関しては少し物足りないと感じるかもしれません.
本書は「ライブラリ入門」というタイトル通り,さまざまなジャンルのライブラリへの"入り口"が用意されている本だと思います.
自分の場合,ライブラリを利用するとき大きな足枷になるのが「そのライブラリを使い方を1から覚えないといけない」という点です.ライブラリは複雑な処理を肩代わりしてくれる非常に強力な道具ですが,道具を使うにはその使い方を覚えなくてはなりません.また,使い方は各ライブラリで異なるため(Tween系などは互換性がありますが),ほとんどの場合1から覚える必要があります.この「1から覚える」というのが曲者で,人間「1→10」は比較的楽なんですが「0→1」というのがなかなか難しい.その導入部をスムーズに誘導してくれる,そんな本だと思いました.


現状まともな SiON チュートリアルが書いてある唯一の情報元でもあります.是非手にとってもらえるとうれしいです.


PS. 今回,難易度と紙面の都合で,SiON 応用チュートリアル「Matrix Sequencer」の項がボツになってしまいました.が,翔泳社さんのご好意で,おまけとしてサンプルファイル内にpdf 形式で(ほぼテキストファイルのままですが)収録されています.サンプルファイル自体は上記翔泳社さんのサイトからダウンロード可能みたいですので,よかったら見てみて下さい.ただし,難易度が高いという理由で未収録となった原稿ですので,内容についてはそのつもりでお願いします.